So-net無料ブログ作成
日本の温泉 ブログトップ

四万温泉 [日本の温泉]

連休は四万温泉に行ってきました。

カメラを片手に旅館のまわりを散歩してみると、
目に付いたのが「ゆずりは飲泉場」。

赤いのれんが揺れていておしゃれな雰囲気!

shima3.jpg

ここで温泉を飲めるだけではなく、足湯にもつかれます。


中では初恋について語る女性たちの声が流れています。

shima.jpg


この赤色といい、なんともLOVEな雰囲気!!
と思っていたら、
ちょうどこの日は温泉郷美術祭が開催されていて、
恋をテーマに飾りつけられていたことが判明。

初恋の声や、赤いのれんなど、赤い物全てが
美術祭のための特別仕様だったのです。

普段からこの赤で飾り付けてあったらいいのに!
と思うくらい素敵でした!



杉の木々に結ばれた赤いリボン。
これも美術祭仕様なのかな??

shima2.jpg




苔むす壁は市松模様。

shima6.jpg




ダム湖の奥四万湖にも立ち寄りました。

shima5.jpg


コバルトブルーの水面が作り物のよう!
こんなに水の色が濃いダム湖は初めて見た!


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

本家伴久@湯西川温泉 [日本の温泉]

先日栃木の湯西川温泉に行ってきました!

湯西川温泉は、源氏に追われた平家が逃げてきた里、
という言い伝えがあるのですが、
かなりの山奥にあって驚き!

こんな山奥に身を隠さなければならないほど、
追手がしつこかったんでしょうか。



宿泊した旅館は本家伴久。
この時期は緑があざやかで、森林浴が楽しめました!

露天風呂の目の前は川。

川が茶色く見えますが、
濁っているのではなくて、水が透明なので川の岩肌が見えているんです。

bankyu2.jpg

辺りの木から森林のにおいがして、ずっと深呼吸をしてました!!

ところで、「釣り人が近くまで来ることがあります」と
注意書きがしてあったけど、大丈夫なんだろうか?


夕食はつり橋を渡って離れへ。

bankyu4.jpg


いろりを囲んで食べます。
珍しい食材を使った料理がいっぱいでおもしろかった!

bankyu.jpg

暑くなってきても温泉はイイ!!



bankyu3.jpg

帰りに寄った日光の庭園に咲いていたしゃくやく。


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アートヴィレッジ明神館@八重原温泉 [日本の温泉]

名前だけだとよく分からないけれど、
東御市の芸術村にある温泉宿で
日帰り温泉もやっています。

ここは何と言っても眺望が最高!!


高台にあるのでこの景色!
めちゃめちゃ爽やか!!

myojinkan.jpg

これはエントランス前の庭ですが、
露天風呂も同じ方角を向いているので
お風呂からもこれと同じ景色が楽しめます。


普通露天風呂って、
囲いがしてあると思うんですが、
ここは一切なし!!


こんなかんじで、視界をさえぎるものがなーんにもないんです。

myojinkan-5.jpg

写真はアートヴィレッジ明神館HPより。

だからものすごく眺めが良くて開放的。


もしかしたら山裾の民家から見えてるのかな~?と思いつつも
あまりにも景色が良いので、「ま、いっかな」となってしまいます。


泉質はナトリウム・カルシウム塩化物温泉ということで、
舐めたらしょっぱかった!
ほんとあったまります。


秋は黄金色の田んぼ、冬は雪景色、
夜も星がきれいそう!

あ~、また行きたい!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

枇杷の湯@浅間温泉 [日本の温泉]

もう1か月前になりますが、
お盆は母の実家がある長野に行きました。

夏の長野に行くのは4年ぶり!
温泉三昧で満喫しました!


まずは松本の浅間温泉にある「枇杷の湯」。
日帰り温泉です。

かつては松本城主専用の湯御殿として使われていた
400年の歴史ある由緒正しい温泉だったそう。

今はもちろんわたしのような一般庶民でも入れます。
いい時代になりました 笑

門構えからして立派で
日帰り温泉に見えない!

biwanoyu.jpg


館内も黒塗りの廊下には骨董品や歴史資料が展示されていたり、
庭には樹齢数百年の松が植えてあったりと
落ち着いていて格式高くてステキ!


これ、無料休憩所なんです!
美術館みたいですよね!

topimg03.jpg

写真は枇杷の湯HPより。


この温泉、なんと野天風呂までありました!

biwanoyu2.jpg


泳げるくらい広くてびっくり!!
開放感たっぷりでサイコーです!

ちょうど誰もいなかったので
親子で写真撮りまくってしまった!
(焼き増しできないやばいのばっかり 笑)



さて、浅間温泉の温泉街はこじんまりとしていて
ちょっとひなびたかんじがまたいいムード。

昭和レトロな建物もいっぱい残っていました。

asamaonsen.jpg


asamaonsen3.jpg


他にもよさそうな温泉が結構あったので
宿泊しつつ温泉街そぞろ歩きも楽しそうです!


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

さくら亭@別府 [日本の温泉]

別府は由布院に比べればずっと都会。
そして海に近い港町。

街のあちこちから温泉の蒸気が上がっていて、
いかにも温泉地という雰囲気です。

beppu3.jpg

写真右中に蒸気が見えてます。
実際はもっとあちこちから噴出してた!


驚いたことに、普通の民家からも蒸気が上がっているんです。
きっと自分の家に温泉を引いてるんだろうなあ。
すごくうらやましい!!


別府の温泉は色が黒っぽく、湯の華もいっぱい舞っていて、
いかにも温泉!というかんじ。

立ち寄った公共の日帰り温泉も、
宿のお風呂もそうだったので、きっと別府全体がそうなんでしょう。


宿泊したのは「さくら亭」という旅館。


最上階にある貸切露天風呂。

beppu.jpg

別府の町が一望できて、いい眺め。


夕食は別府名物「地獄蒸し」。

beppu2.jpg

温泉の蒸気を利用して蒸した料理です。
最近蒸し料理がはやってますが、元祖ですね~!!
おいしいし、体にもいいし、言うことなし!!


九州の温泉の良さにすっかりやられてしまいました。
旅費はかかるけど、また行きたいなあ!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

開花亭その2@湯布院 [日本の温泉]

貸切の展望露天風呂もあると聞き、行ってみることに。

展望露天風呂は長~い階段の上。
これだけでワクワク!

kaikatei1.jpg


さて、お風呂は!!



広~い!!!!

kaikatei3.jpg

こんなに広いお風呂を貸切にできるとは!!

湯船からは由布岳が目の前に迫って見えてすごい迫力!!
勇壮な姿にうっとり。


もうひとつの楽しみ、食事はというと・・・・


個室に通され、
他のお客さんと顔を合わせないようになっています。

地元の食材を使った創作会席料理で、
魚介類も肉も野菜もどれもすごくおいしい。
白飯も今までに食べたことがないほど甘くておいしかった!!!


kaikatei2.jpg

おしぼりもお花で飾っています。
きっと庭で摘んだサザンカ。うーん、ステキ!


ロビーはレトロなカフェのようで
落ち着いた雰囲気。

kaikatei4.jpg

暖炉がうれしい!

ここにはコーヒー、紅茶が用意されていて
自由に飲んでくつろげるので、まさにカフェのよう。

テーブルにもちょっとしたお花の飾りが。

kaikatei5.jpg



チェックイン時にすでに布団がひいてあったり、
食事を部屋出しにせず個室に案内したりと、
部屋に入らないように工夫していて、
お客さんとの距離をとりながらおもてなしする居心地の良さ。


由布院にまた行くなら、ここにまた泊まりたい!!


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

全室離れの宿 開花亭@湯布院 [日本の温泉]

由布院で宿泊したのは開花亭というお宿。

全室離れの8棟のみで、全室に露天風呂つきという、贅沢さ!

宿の庭には小川が流れ、様々な木々が茂っていて、
歩いているだけで自然を満喫!!


kaikatei.jpg


これが泊まる棟。
もう普通に家です!

kaikatei7.jpg


部屋に入ってみると、

広い!!

和モダン!!

おしゃれ!!

く~!!いいお部屋ですっ


よく見ると畳が市松模様!

kaikatei2.jpg

細かいところまでこだわっててスゴイ!


さてさて期待のお風呂はというと、
内風呂はヒノキ造りのお風呂。

kaikatei5.jpg

お風呂場にヒノキの香りがただよって、いいにおい~!


そして庭には露天風呂が!

kaikatei4.jpg

ちょうどサザンカの時期だったので
お風呂に入りながら庭の樹木を楽しめて風流、風流!


内風呂・露天風呂どちらも源泉かけ流し。
は~、なんとも贅沢。


湯布院はとにかく温泉の数がありすぎる上に、
どこの宿も良さそうで決めるのに迷ったけど、
ここにしてよかった!!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行
日本の温泉 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。