So-net無料ブログ作成
検索選択
金門島の旅 ブログトップ
前の10件 | -

肉眼で見える中国@金門 [金門島の旅]

金門島最北端にある馬山観測所。

ここからは福建省アモイ市の島「角嶼」が肉眼ではっきり見えます。


地下トンネル内部に対岸が観測できるスペースがあり、
この割れ目から外を見てみると・・・・

umayama.jpg





umayama2.jpg



近い!!!!
海の向こうにあるのが中国領土です!


近いとは聞いていたけど、
まさかこんなに近くに見えるとは思わなかった!!!

泳いでいけそうな気すらします。


umayama3.jpg


漁船もいっぱい出ていました。(中国側の船だそう)
意外に自由に活動できるようでビックリ。
(しつこいようですが、海の向こう見えているのは中国大陸。)



ここには無料の望遠鏡が設けられていて(デパートの屋上にあるようなやつ)、
それを覗くと対岸で歩いてる人の姿まではっきり見えます。

中国ってこんなに近いんだ・・・・


ちなみに金門島の海岸付近や北部では
頻繁に中国側の携帯電話の電波を受信してビックリ!
中国移動(中国の携帯電話会社)のショートメールもばんばん届きました。


3G携帯を使っているので、自動で強い電波を受信するんですが、
金門島だと中国の電波が届いてしまうんですね~。


ガイドさんは、携帯で中国側の電波を自動受信しないよう
手動切り替えに設定しているそうです。


umayama4.jpg

このあたりの海岸も上陸防止の鉄柱が。

これだけ中国が近いと、
上陸防止策をとっていることが、より現実的に感じられます。



*   *   *   *   *   *   *

金門島は、歴史文化あり、内戦の遺物あり、豊かな自然あり、
中国と台湾の関係を身近に感じる機会あり、と
予想以上に見所が多く、とにかく盛りだくさんでとても見きれなかった。


絶対にまた行くぞ~!


金門島の守り神「風獅爺」 [金門島の旅]

風の強い金門島では
「風獅爺」を風を鎮めるための守り神として祀っています。

島全土で68体あって、それぞれ色や姿形が違うそう。
それだけを見るために金門島に来る人もいるとか!

これは瓊林村の風獅爺。

beishi.jpg

2M以上はあるでしょうか。かなりの長身。


風獅爺ってどれもマントをまとっているんですが
ヒーローみたいでかっこいい!
(調べてみたら願い事が成就した時につけてあげるみたい)



お顔。

beishi2.jpg

く~!!!
ユーモラスでかわいい!!!
なごみます~


北山古洋樓 [金門島の旅]

1949年共産党と国民党による「古寧頭の戦い」の際、
共産党の指揮所として使われていた建物が
当時のままに残されています

beilou.jpg







近寄ってみると・・・

beilou2.jpg


壁には大小いくつもの穴と傷が!


ここは当時激戦区のひとつだったそうで、
国民党と激しく戦ったときの弾丸の跡が壁に残っているのです。



内戦の壮絶さに圧倒されて
しばらく動けなくなってしまいます。


金門島から見たアモイ [金門島の旅]

島のいちばん近いところで、
中国大陸から2.1kmしか離れていない金門島。

島の北部に行くと、
驚くほど近くに中国が見えてビックリ!!


海岸の向こうにうっすらと見えるビル群はアモイ。

haian.jpg

この海岸は中国からいちばん近いところではないものの
かなり近くに見えます!


国共内戦のため、最近まで一般人の立ち入りが制限されていて
経済が発展しなかった金門島。
一言でいえば「ど田舎」です。

そんな金門島とは対照的に
高層ビルが立ち並ぶ大陸側のアモイ。



 

経済発展できなかったせいで汚染されておらず、
まるで南の島のリゾートのように美しい金門島の海岸。

でもそこには
上陸を防止するための無数の鉄柱が。


haian2.jpg


 

未だに地雷も埋まっています。

haian3.jpg




やはりここが激戦地であったことを認識させます。


またしても水頭集落へ [金門島の旅]

昨日時間がなくてまわりきれなかった
水頭集落へもう一度行くことに!
(すっかり水頭のとりこ)


sui.jpg

家の前に池がある構造は昔よく見られたそうですが、
金門島で現存するのはこの邸宅だけだそう。



 

家によっては観光客向けに開放していて
家の中を見学することができます。

sui4.jpg


おじゃましま~す!




sui5.jpg

お寺みたい!




sui3.jpg

炊事場




sui2.jpg


もし1人で来てたら、この集落だけでまる1日いたと思う!
もっともっとゆっくり見たかった~!!!


模範街@金門 [金門島の旅]

おかゆやさんがあるのは
「模範街」という大正ロマン風の街並みが残るあたり。


mohan4.jpg




このあたりは朝晩市場が出ていて、
なかなかの熱気!


mohan2.jpg





豪快に!

mohan3.jpg




この一帯、なんだか雰囲気が「大陸(中国)っぽい」んです。
台湾とはちょっと違うかんじ。
どこがとはうまく説明できないんですが。


mohan.jpg


廣東粥 [金門島の旅]

翌朝。

今日は島全体をまわるため、タクシーをチャーターすることに。
運転手さんがガイドもしてくれて1時間400元。


さて、金門島の名物料理と言えば「廣東粥」という名のおかゆ。


朝運転手さんに会うなり
廣東粥のおいしい店に行きたいと訴えたところ、
連れて行ってくれたのが「壽記」というお店。


zhou1.jpg


朝9時だというのに、
メニューはかおゆしかないというのに、
ひっきりなしに人が出入りしています。

これはかなり期待できそう!


ウキウキして店に入るなり、
「30分待ちです」との声。

お、おかゆが30分待ち!!!??


どんだけ人気なんだ!





待つこと30分・・・


きましたっ!!!


 

zhou2.jpg






米粒のかたちが分からないほど煮込まれていて、

あつあつ!



見た目からは想像できないほどの具だくさんで
肉団子、魚のねりものなど、
中から出てくる出てくる!!
なんとレバーまで入ってた!(しかも巨大なのが3枚も)

これは今まで食べたお粥の中で
いちばんにおいしいではないか!!!



zhou.jpg

油条(揚げパン)と一緒に食べます。
ちぎっておかゆにひたすとふやけて「お麩」みたいになる。
油っぽくならないから不思議。



ちなみにこの日は9時半ごろに来たお客さんに
売り切れだと断わっていました。
すごいなあ。


水頭集落の街並み@金門島 [金門島の旅]

引き続き水頭集落の街並み。

suitou2.jpg





suitou3.jpg

これ、お寺じゃありません。
民家です。

壁の装飾が台湾本土とは違ったスタイルで、興味深い! 




水頭集落ではこうした民家が民宿となっていて、
宿泊することができます。

今回はあまりにも急に金門島行きを決めたので
すでにどこも満室で泊まれず。

ああ、泊まりたかった・・・



suitou.jpg


四方八方、絵になる景色の連続で発狂しそうです。


得月楼@金門 [金門島の旅]

1931年に建てられた得月楼。

deyuelou2.jpg

エキゾチックで優美な外観だけど、
建てられた目的は海賊による強盗・略奪を防ぐためだとか。

外からは分からないけれど、
地上4階、地下1階建てで、地下にはトンネルまで作られているそう。


deyuelou.jpg


自分が台湾にいることを忘れそうになりました!


清時代にタイムスリップ!@金門島 水頭集落 [金門島の旅]

水頭集落は清時代の家屋が広範囲にわたって残っている地域。
まるで清時代にタイムスリップしたよう!


港に近いため、昔はとても栄えていたそうですが、
今は人影も少なくひっそりとしています。


suitou2.jpg




台湾というよりは、大陸(中国)的な雰囲気!

suitou.jpg




軍事上の要塞だったため、開発の手が入らなかったことや、
日本統治期間が短かったことが影響しているのか、
清時代そのままのたたずまい。


台湾本土ではよく見られる日本式の家屋も一切なかった!


suitou4.jpg


台湾だけど台湾じゃないような、
独特の雰囲気がただよっています。


前の10件 | - 金門島の旅 ブログトップ