So-net無料ブログ作成
検索選択
モルディブ旅行 ブログトップ
前の10件 | -

シーガルカフェ@モルディブ旅行 [モルディブ旅行]

マーレで歩き疲れて入ったカフェ
シーガルカフェ

cafe.jpg

アイスクリームが有名なカフェなので
パフェを注文

cafe2.jpg

すごいボリューム!!!


アイスは濃厚でおいしかったけど、
ジャムがちょっと甘すぎた!

マーレで遊んだのは約4時間。
買い物に時間を費やしてしまって、
モスクなど見るべきところを全然見れませんでした。
本当に残念。。。
またいつか来れるといいんだけどなあ。

以上、長々とモルディブ旅行記でした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マーレ市内 お買い物事情@モルディブ [モルディブ旅行]

モルディブは小さい島が集まってできている上に、土壌が珊瑚で作物もとれないため
自国の産業があまり栄えておらず、
ほとんどのものを輸入品に頼っているそうです。


海外へ行ったとき、スーパーへ行くのが楽しみの一つなのですが、
マーレのスーパーはいまいち。。。。
だって商品の9割以上が輸入品。。。。


お土産になりそうなものが悲しいくらい何も無くて、
期待していた紅茶も種類が少なかった・・・
しょうが紅茶を数箱買ったくらい。


街の雑貨屋なら少しは違うかも!と思って入ってみたけど、
ここもやはり同じでした。


mono2.jpg

見た目はカラフルで楽しいんですが、
輸入物ばっかり。。。


とりあえず150mlのペットボトル2本と缶のファンタを買って
12ルフィア。= 1米ドル

安いことは安い。


スーパー、雑貨屋が期待外れだったので、
お土産屋さんものぞいてみることに。

 

センスのいいおみやげがそろい、
特にTシャツがおすすめとガイドブックに紹介されていた
日本人が経営するお土産やさん。


Tシャツは20年くらいにはやったようなデザインで、
とても買いたいと思えなかった。。。。
20代~30代の人の好みには合わないかも・・・
でもお茶類はいいのがあったのでそこでいっぱい購入。


 

kuko2.jpg

 

モルディブの硬貨。カメの硬貨がかわいい!
 


マーレでスーパー、雑貨屋、お土産屋をまわってみて、
おみやげはわざわざマーレ市内で買わないほうがいいと実感。

空港の中(イミグレを通った後)のお店のほうが
おみやげっぽいパッケージのきちんとしたものがたくさん売っていました。

マーレは観光だけにしておいた方がよさそうです。


shina.jpg おみやげ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マーレの街歩き@モルディブ [モルディブ旅行]

そもそもモルディブがどこにあるのかよく分かっていなかったのですが、
インド半島の南西にある島なので、文化区分的には南インドになります。

リゾートにいる間には南インドの雰囲気がほとんどなかったけれど、
マーレ市内を歩いてみるとわかる!わかる!


街行く人達が皆インド系の顔。
建物はどれもカラフル!!

male.jpg

 

 

male2.jpg

 

車・バイクは結構通るけど、道幅の狭い道ばかり。

 

male3.jpg

 

バイクが台湾並みに多かった!

ただ台湾と違って、スクーターはほとんどなし。

 

 

 male4.jpg

 

小学校の校門。
家族がお迎えに来ています。 

イスラム教なので、半分くらいの女性はスカーフを着用。

 

 

male5.jpg

 

金物屋さんの前に群がる男性たち。

手前はタクシー。マーレではタクシーが白かった。白タクじゃ~!



イスラム教の街って、日本や台湾とは全然文化が違うので
散歩していて楽しかった!!

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

空港からマーレ市内へ@モルディブ [モルディブ旅行]

最終日、マーレ空港のシンガポール航空は23時発。
通常のホテルならマーレ空港とホテル間はボートで移動ですが、
メドゥフシのように水上飛行機でないと行けない場所にあるホテルは、
おそらく若干早めにホテルを出ることになります。

私たちは14時半にチェックアウトし、15時半ごろにマーレ空港に到着。
出発までの空き時間は、
首都マーレで一般のモルディブ人の生活を見てみようと決めていました。


kuko.jpg


マーレ空港の様子


水上飛行機で到着した人は全員がいったんバスで
マーレ空港の出発ゲート前まで移動します。

そのバスが出発ゲート前に到着すると、
ホテルスタッフのような人が出発便の書かれた宿泊客名簿を持っていて、
本人確認を始めました。

確認が済むと、
すかさず「出発まで時間あるけど、マーレ観光ガイドはどうか?」とのお誘い。

おお!!!
ホテルスタッフと思いきや
悪名高きマーレ観光の客引きガイドさんでしたか!


なんでも、空港でマーレ観光を持ちかけるガイドは
必ずおみやげ屋さんと結託していて、
連れて行ったおみやげ屋で買うまでお店から出さなかったりと、
結構荒い手口らしい。

初マーレの人はそれでもガイドと一緒に観光した方がいいと
書いてあるサイトもあったけれど、
初めての海外でもないのでガイドはお断りしました。

スーツケースは空港のインフォーメションに言うと、
タダで預かってもらえます。


身軽になったところで早速マーレ観光へ!

空港からマーレ市内へは渡し舟で5分ほど。
料金は1ドルです。



kuko3.jpg

渡し舟から見たマーレ市内。
どんな街なのか楽しみ!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

メドゥフシ感想@モルディブ [モルディブ旅行]

メドゥフシは数年前のスマトラ沖地震クローズし、
2007年初めに再オープンしてからまだ1年しかたっていないせいか、
リニューアル後の情報がガイドブックにもネットにもほとんど無く、
どんなところなのか心配していたのですが、結果大当たりでした!

 11664869.jpg 水上コテージ群      

11664924.jpg

水上コテージ側の海はハネムーンヴィラよりも浅く、
白い砂が広がっていて本当にキレイ

 

モルディブには、ヒルトンやフォーシーズンズなど、
上はキリが無いほど高級なホテルがたくさんあるけれど、
メドゥフシはそういったホテルよりはランクが下なので
そういうところと比べるとかなり安い方です。

それでも海はきれいで食事もおいしいし、
来ているゲストは9割くらいが西洋人で
リタイアされたような年配の方が多く、家族連れが少数なので
リゾート全体的な雰囲気がとにかく落ち着いていて、
上質なリゾートという感じ!

とにかくコストパフォーマンスが良かった!   11664909.jpg

ビーチフロントヴィラ。
このタイプのヴィラは林の中。
木々に囲まれて、水上コテージとはまた違ってステキな雰囲気でした!

 
今は日本人は1日に1、2組程度だそうですが、
ホテル・ダイビングセンターともに日本人スタッフもいるので
これから人気が出てきそう!

お金さえあれば、本当にまた行きたい~!
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

メドゥフシ 海の写真いろいろ@モルディブ [モルディブ旅行]

海の写真をもう少し。


11664664.jpg


11664618.jpg

朝の海。 時間帯によって海の色って違うんですね~


浅瀬はあまりシュノーケーリングに向かないということですが、
それでも数は少ないけれど、
イカ、タコ、ふぐ、サメ!・・・・などなど、
いろいろな種類の魚を見れました。

11664626.jpg

    ベビーシャーク!


11664646.jpg

   やどかりもさすがキレイ



時間が合わなくて参加できなかったけれど、
毎日無料のシュノーケリングツアーも開催されているので、
それに参加すればいっぱい魚が見ることができるそうです。



正直言って、海だけで観光もできないところに
何日もいて飽きないのか心配だったけれど、
何をしているというわけでもないのに時間がたつのが異常に早くて、
3泊4日はあっという間で、時間が足りないぐらいでした。

テラスのデッキチェアからの眺め。 
ここに何時間いたことか・・・


11664698.jpg


パソコンと、本を何冊も持参したけど、
景色が見れないのがもったいなくて、
1回ちらっと見ただけで後は全く開かず、
音楽を聴きながら海を見ているだけでした。



11664716.jpg

ハネムーンヴィラへはボートで。

nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

プール@モルディブ メドゥフシ [モルディブ旅行]

プールは半月の形。
目の前が海なので、気持ちがいい!






プールの目の前の砂浜では
キャンドルディナーができます。

夕方からその準備を始めていました。


私たちは夕食つきのプランだったので利用しなかったけれど、
ものすごくいい雰囲気でした!



夜にはこんな風にライトアップされます。





ところで、水着の上に羽織るものといえば
何を思い浮かべますか??
わたしは今までずっとTシャツだと思っていたのですが、
実は違うらしいということに初めて気付きました。

というのも、西洋人の女性でTシャツを着てる人がほとんどいなかったのです。
みんな何を着ているかというと、
白いシャツやチュニックワンピース
丈はお尻が隠れるかどうかの長さで、
透けた水着に合わせてすごく色っぽいんです。

なるほど~
こうやって着るんですね~
勉強になりました。

男性も女性もおしゃれでセクシーな方がすごく多くて、
目の保養になりました!


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アラカルトレストランとカフェバー@モルディブ メドゥフシ [モルディブ旅行]

お昼ごはんは、アラカルトレストランとカフェバーに行きました。
どちらもこの水上コテージの中にあります。


 


アラカルトのレストランはプールが見える側に。
 
 
 
テーブルの上に飾られていたラン。生花です。
 
 
 
この色って人工に色づけたのかな???
 
ここでは台湾で普段あまり食べられないパスタ注文
本格的な味でおいしかった!

飲み物込みで1人20ドル~30ドルくらいかかります。


カフェバーは、チェックインの手続きをした場所で、
もう少し安くて軽い食事ができます。

 
 
サンドイッチとナチョス。
これもおいしかった!

 
 
カフェバーからの眺め。
 
 
 

夜はカフェバーでDJがダンスミュージックをかける日があって
若い人も年配の方も、音楽に合わせて踊りだす西洋人がたくさんいておもしろかった!
西洋人って皆上手にダンスを踊るけど、なんでなんだろう??
 

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ビュッフェレストラン@モルディブ メドゥフシ [モルディブ旅行]

ホテル内で食事のできる場所は全部で3つ。

メインのビュッフェレストラン、
アラカルトのレストラン、
軽食のカフェバー。

私たちの宿泊プランはビュッフェレストランでの食事が
朝と夜ついていました。

ビュッフェレストランは
壁が無く、天井が高いので開放的。

 
 
 
足元はサンドカーペットなので、裸足で食事に来ている西洋の方も結構多かった。

そして、レストランはプールに面した場所にあるので、
食事をしながらこんな景色が楽しめる!

 


食事は種類が豊富な上に、かなりおいしかった!
西洋系の料理とエスニック料理が中心で、寿司もあります。

滞在中いちばんはまったのは、夕食に出るカレー!!
現地のカレーが日替わりで何種類も出るんです!
当然毎日全種類制覇。
辛さも控えめなので、苦手な人でもきっと大丈夫!


宿泊客は西洋人が多いせいか、チーズも毎日10種類近くありました。
普段全然チーズを食べないくせに、
ずらっと並んでると食べてみたくなって、
いろいろ試してみました。
これもおいしかった!

 
おもしろかったのが、アラビア料理がメインの日があったこと。
普段食べる機会の無い料理が味わえてよかった!

宿泊プランに含まれていない場合は1人30ドルだそうです。
結構いい値段・・・・
リゾート価格だから仕方ないですね!
 

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

バスルーム@モルディブ メドゥフシ [モルディブ旅行]

続いてバスルーム。
私的にはここがテラスと同じくらいお気に入りの場所でした!
 
シャワースペースがなんと半屋外式なんです!
 
 
 
 
 
 
昼間は光が降り注いで、
夜は見上げると星が見える!
もう、すごく開放的でした!
 
 
ジャグジーからは、もちろん海が見えます。
海を見ながら入りたいので、毎日明るいうちに朝と昼2回入ってました。
 
しかもこのコテージの周りには人が来ないので、
窓全開で入浴してました。笑
 
  
洗面台は2つ。
ゆったりとして贅沢な作りですよね~
 
 
 

テラスにジャグジーのある別のホテルにもすごくひかれていたのですが、
やっぱり室内でよかったな~と、思いました。
日本人はお風呂って裸で入りたいですよね。
テラスだとどうしても水着着用になっちゃうので。
 

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - モルディブ旅行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。